読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tagebuch einer Katze

とある猫の日記

ストックホルム/ヴィズビィ - Stockholm/Visby

f:id:nyatsumican:20160518051946j:image

聖霊降臨祭で3連休だったので、週末にストックホルムに留学中の友達のところへ遊びに行ってきました。

 

*1日目 曇り

ウィーン⇆ストックホルムの直行便は往路も復路も6時台しかなかったので、仕方なく帰りだけミュンヘン乗り継ぎにして、行きは6:45発の直行便にしました。私の寮から空港までは近くの駅からS-Bahnで20分ほどで行けるので、こういう時非常に助かります。
飛行機で移動するのは初めてで勝手がよくわかっていなかったのですが、空港では検査場を抜けただけで、パスポートやビザのチェックは一切ありませんでした。ちょっと拍子抜け。飛行機は4列しかない小型機で、軽食でアップルパイが出ました。ストックホルム・アーランダ空港には予定通り9:00着。

空港から市内の中央駅まではFrygbussarnaというバスで99SEK。事前にネットで予約してクレジットカードで支払いました。10分か15分おきにバスが来て、所要時間は50分くらいです。電車よりも安いし、バス内ではwifiが使えるのでとても便利。中央駅で友達と合流してSLカードという公共交通機関に乗るためのカードを購入、寮の部屋に荷物を置かせてもらってからいざ観光に!1日目はガムラ・スタンを回りました。ていうか寒い!!(最高気温が10度ちょっととかだった) ちなみにスウェーデンでは支払いは全てカードを利用し、現金は一切使用しませんでした。
 
f:id:nyatsumican:20160521072950j:image
国会議事堂やドイツ教会を見ながら王宮へ向かい、まず衛兵交代式を見ました。
30分くらい待ってたので最前列で見れました。
 
f:id:nyatsumican:20160521073431j:image

この衛兵さん、立っている場所が白線で囲まれていてそこは立ち入り禁止なのですが、観光客は上ばかり見て歩くのでみんな横切ってしまって、その度に注意しなければならないのでそれが仕事みたいになっていて面白かったです。

 
f:id:nyatsumican:20160521073508j:image
f:id:nyatsumican:20160521073533j:image
f:id:nyatsumican:20160521073629j:image
f:id:nyatsumican:20160521073719j:image
衛兵交代式では、鼓笛隊がファンファーレをたくさん披露していました。かっこよかった。ただ行進だけ参加してファンファーレには不参加の隊員は待機している間端の方で普通にお喋りしていたので、案外ゆるいのか…?とよくわからなくなりました。衛兵交代式は毎回内容が違うそうです。
 
f:id:nyatsumican:20160521073752j:image
ドイツ教会
 
f:id:nyatsumican:20160521073821j:image
フィンランド教会の裏庭にいるアイアン・ボーイという像。たまたま行ったときは帽子をかぶっていました。
 
f:id:nyatsumican:20160521073844j:image
リッダーホルム教会、塔の先端が物凄いとがっていて痛そうだった。
 
f:id:nyatsumican:20160521074000j:image
その後市庁舎の見学ツアーに参加しました。ここはブルーホールというノーベル賞の受賞祝賀晩餐会の会場になる広間です。
 
f:id:nyatsumican:20160521074025j:image
ここは市議会議場。
 
f:id:nyatsumican:20160521074051j:image
天井がきれいだった。
 
f:id:nyatsumican:20160521074125j:image
ここは黄金の間。壁にはヴァイキングの歴史や「メーラレン湖の女王」が描かれています。
 
f:id:nyatsumican:20160521074156j:image
ここも天井が独特だった。
ヴァイキングといえば、小学生の頃にどこでも好きな国を1つ選んで調べるという授業があって、私はサンタさんが実在すると信じていたのでサンタさんの住んでいるフィンランドを調べることにしたのですが、小学校の図書室には全くフィンランドに関する本が無くて周りの先生たちに他の国にしなさいと言われてアイスランドを選んで、その時にヴァイキングっていう単語を初めて認識したと思います。ただその頃はヴァイキングが何なのかよくわからなくて(江戸時代以前は絵巻物のような二次元の世界だったと本気で思っていた)、おいしそうだなっていう感想しか思い浮かびませんでした。ヴァイキングって聞くとそのことをいつも思い出します。
 
たまたまこの日はEurovisionのGrand Finalで、友達の知り合いのお家にお邪魔してみんなで観戦しました。優勝はウクライナだったけど、みんなオーストラリアを応援していたので納得出来ないまま解散。でも楽しかった。
 
*2日目 雨
2日目は日帰りでGotland ゴットランド島のVisby ヴィズビィに行きました。
Nynäshamn ニネスハムンというストックホルムから1時間弱離れた港からフェリーで行きました。ニネスハムンまではSLチケットの有効範囲内なのでただです。
 
f:id:nyatsumican:20160521074251j:image
乗ったフェリー、すごい大きかった。
 
f:id:nyatsumican:20160521074315j:image
エコノミー席はこんな感じで、ソファーで寝てる人やはたまた床で寝てる人とかもいました。Wifiはあるけどあんまり接続が良くなかった。レストランやお土産屋さんも入っています。大きい船だけど結構揺れて、私は全然平気だったけど酔い止めがあると安心かもしれません。
 
f:id:nyatsumican:20160521075828j:image
雨だったからデッキは誰もいなかった。
 
f:id:nyatsumican:20160521074444j:image
ゴットランド島は羊が有名らしく、車止めが羊でした。
 
f:id:nyatsumican:20160521074550j:image
セント・ハンス教会の廃墟
ここの廃墟は天井が全くなくて、公園みたいだった。
 
f:id:nyatsumican:20160521074616j:image
f:id:nyatsumican:20160521074739j:image
柱の基礎の石(?)に花が咲いていた。
 
f:id:nyatsumican:20160521074655j:image
街はどこもこんな感じ、これでも一応ショッピングストリートです。
 
f:id:nyatsumican:20160521074715j:image
f:id:nyatsumican:20160521074939j:image
サンタ・カタリーナ教会の廃墟(多分)
 
f:id:nyatsumican:20160521075104j:image
f:id:nyatsumican:20160521075126j:image
f:id:nyatsumican:20160521075151j:image
セント・ラース教会の廃墟
 
f:id:nyatsumican:20160521075209j:image
 階段を登る勇気はなかった。
 
f:id:nyatsumican:20160521075235j:image
f:id:nyatsumican:20160521075256j:image
セント・ドロッテン教会の廃墟
 
f:id:nyatsumican:20160521075315j:image
この辺は住宅街。こんなところに住んでみたいなと一瞬だけ思った。
 
f:id:nyatsumican:20160521075357j:image
城壁
 
f:id:nyatsumican:20160521075430j:image
城壁の外はすぐ海
 
f:id:nyatsumican:20160521075451j:image
乗ってきたフェリーがちょうど出航していくところだった。
 
f:id:nyatsumican:20160521075521j:image
魔女宅っぽい
 
f:id:nyatsumican:20160521075550j:image
ここは植物園の中のセント・オラフ教会の廃墟
 
f:id:nyatsumican:20160521075624j:image
セント・クレメンス教会の廃墟
 
f:id:nyatsumican:20160521075647j:image
鳥が住んでいるみたいでした。
 
f:id:nyatsumican:20160521075707j:image
ヴィスビィにある教会の廃墟の中で一番大きいセント・ニコライ教会の廃墟。
残念ながら時間外で中に入れませんでした。ここだけ窓の部分にガラスがはめられていたり、ちょっと観光地化されていました。
 
f:id:nyatsumican:20160521075729j:image
f:id:nyatsumican:20160521075750j:image
ヴィスビィで唯一廃墟にならず残っているサンタマリア大聖堂。パイプオルガンの練習中で、良いものを聴かせて頂きました。
 
f:id:nyatsumican:20160521075811j:image
ポストが可愛かった。どこから手紙を投函するのかはわからない。
 
フェリーが一日2往復しかなく、結局ヴィスビィには4時間弱しか居れませんでしたが、ヴィスビィは小さな町なので十分回れました。観光客もほとんどいなくて、良い雰囲気を味わうことが出来てよかったです。フェリー楽しい!
帰りはニネスハムンからの電車がもう無かったので、中央駅までバスを利用しました。
 
*3日目 曇り時々晴れ
3日目は1日目に上れなかった塔に上りました。30分毎に、30人までしか登れないので早めにチケットを買いに行かないといけません。
f:id:nyatsumican:20160521075956j:image
f:id:nyatsumican:20160521080018j:image
f:id:nyatsumican:20160521080110j:image
塔の上からの眺めはとてもきれいで、これぞストックホルムって感じだったので、登って良かったです。
 
f:id:nyatsumican:20160521080044j:image
ちょっとだけ晴れた。
 
f:id:nyatsumican:20160521080128j:image
f:id:nyatsumican:20160521080144j:image
お昼は人気のお店に連れて行ってもらって、ミートボールを食べました。左上にあるのがリンゴンベリーのジャムで、ミートボールと一緒に食べます。ミートボールにおいしいとかまずいとかあるのか…?って思ってたけど、なんかよくわからないくらいすごいおいしかった。
 
f:id:nyatsumican:20160521080200j:image
午後はユールゴーデン島へ。
 
f:id:nyatsumican:20160521080215j:image
北方民族博物館。時間が無くて中には入れなかった。
 
f:id:nyatsumican:20160521080319j:image
f:id:nyatsumican:20160521080346j:image
ユールゴーデン島ではヴァーサ号博物館に行きました。下からも上からも360度どの視点からも船を眺めることが出来てとても面白かったです。日本語で展示の説明も書いてあるのでありがたい。
 
f:id:nyatsumican:20160521080408j:image
ヨットがいっぱい。
 
f:id:nyatsumican:20160521080427j:image
f:id:nyatsumican:20160521080508j:image
f:id:nyatsumican:20160521080445j:image
f:id:nyatsumican:20160521080524j:image
それから面白い地下鉄の駅に連れて行ってもらいました。遺跡みたいだけど本当にただの地下鉄の駅です。
 
f:id:nyatsumican:20160521080540j:image
これは中央駅の地下鉄駅。駅ごとに全然違うとか。
 
f:id:nyatsumican:20160521080557j:image
 中央駅
 
帰りも来たときと同じくバスで空港まで行き、タラコチューブとリンゴンベリージャムをお土産に買って帰りました。本当に何から何までお世話になりました。